Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode

RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM

危機管理をしましょう!

本屋で本棚が倒れてきて、お子さんが下敷きになったニュースが報道されていますね。

重症を負ったお子さんは回復に向かっていると、今日のニュースで聞きました。
本当に良かったと思います。

本当に、いつ災難に巻き込まれるかわかりませんね(>_<)

最近思うのですが、いつも危険を察知する力が必要な世の中なのだと感じます。

今回は、営業している店舗で、本棚が倒れてくるという信じられない出来事でした。
一般の家庭であっても、地震に備えて、タンスや本棚などの家具が倒れないように対策をしているのに、お客さんを迎える店舗でそのような事が起こるなんて

しかし現実的にいろいろな事がありますし、利用する場所が危険の無い所かどうかを常に判断するように考えないといけないです。
大人でもその判断が難しいのに、経験不足の子供たちにはどこまでフォローをしてあげればいいのでしょう?

親がついて回わって細かくチェックなんて、現実的に難しいです。

私の子供はまだ今は目が届きますが、そのうち友達同士でいろいろな所に遊びに行く事でしょう。だから、常日頃から危険と思われることは、口酸っぱく話をしています。

しかし、経験がないと判断が出来ないと思いますので、それでもあきらめずに、いろいろな話をし続ける努力が必要なんだと改めて思います。

街中には、危険が一杯あると思います。
様々な交通事情をはじめ、工事中の道路や建物、店舗なのに、煩雑に物をおいているところ、駅のホームの立つ位置、・・・・・考えてもきりがありません。

何が起こっても対処できるように、危険な場所には近づかない。怖い!
と、思う事が大切
だと思います。
意識するのと、しないのとでは、出会う確率はきっと変わるはずです。

事故や事件に合わない、その確率を少なくするためには常日頃から、ここは大丈夫?と、
危険を意識すること、常にアンテナを自分自身で張っていくことしか無いのです。
私はそう思います。


ブログの目次

posted by: Atsurin | 健康 | 13:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-












この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック