Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode

RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM

ライターの危機管理、置き場所に注意しましょう!
 我が家では、タバコを吸う人がいないのですが、以前から使っていたライターが少しですが残っています。

使いきっていないので、捨てるわけにはいかないので、保管しています。
もちろん火の気のないところに置いていますが、不安な事があります。

******************************

.薀ぅ拭爾鵬个鬚弔韻襪里簡単で、子供でも簡単に扱える。

∧欖匹鬚靴討い討癲▲廛奪轡紊垢襪世韻巴絏个垢襪里如誤って着火しないかどうか。

******************************

,砲弔い討蓮∋匐,里垢絢蠅瞭呂ところには置かないということと、子供にも絶対に触ってはいけないということを、しっかりと理解ができるように説明をするということで、軽減ができると思います。

我が家では、タバコを吸わないので、“火”について子供自身が「怖いものである。使えない。」と、理解をしてくれています。

△砲弔い討蓮∧欖評貊蠅筺∧欖匹垢詈法の工夫が必要です。

昔の100円ライターと言われたライターは、非常に使いづらく子供の手には簡単にはつけられないものでした。
それがどうしてあんな簡単な方法で着けれるものに変わったのでしょう?
昔の方法でよかったのに!と私は思います。

子供が遊んで事故が起きるのは、3〜5歳ごろだそうです。
まず5歳児に着火出来ない仕組みを考えているライターも最近は出てきているそうです。

他の先進国では、ライターを子供に簡単に扱わせない工夫をすることは当たり前だそうです。以前事故があってから改善した結果、激減したということを聞きました。

日本は明らかに立ち遅れているという話を聞くと悲しくなります。

お誕生日ケーキのろうそくに火をつける時など、ライターは便利です。
でも、便利なライターや着火器具の保管方法を考え、ライターそのものにロック機能や、2段階式になっているものを選んで購入をしたいと思います。最近は120〜150円で販売をしているそうです。

posted by: Atsurin | ニュース | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) |-












この記事のトラックバックURL
http://atsurinssome.jugem.jp/trackback/139
トラックバック